FavoriteLoadingAdd to favorites

[Shibuya Ward] I went to the Shinjuku Takashimaya Ribon Exhibition with my children.

いま43歳の私ですが、小学1年生から6年生まで毎月りぼんを読んでいた「りぼんっ娘」でした。いつも子供のはっちゃんが好きな場所におでかけしていますが、「母ちゃんの好きなものを一緒に見るのも悪くないかも?」と思い、2019年7月に一緒に新宿のりぼん展に行ってきました。

I’m 43 years old now, but I was a “Ribon girl” who read Ribon every month from the first grade to the sixth grade. I always go to places that my child’s favorite is, but I thought, “Isn’t it bad to see my mother’s favorite things together?”, So I went to the Shinjuku Ribon exhibition together in July 2020. It was.

りぼん展のチケットの取り方とは

How to get a ticket for the Ribon exhibition

ときめきトゥナイトの蘭世ちゃん♡
Tokimeki Tonight Ranze-chan ♡

りぼん展のチケットですが、私はローチケで取りました。こどもとおでかけネタを探すために、ローチケのメルマガ登録(こどもや展示会、コンサートのみ)をしているため、最新の情報がいつもローチケから送られてきます。

This is a ticket for the Ribon exhibition, but I took it with a rochike. Since I have registered as an e-mail newsletter for Rochike (only for children, exhibitions, and concerts) in order to search for children and outing stories, the latest information is always sent from Rochike.

ローチケのりぼん展のページ

りぼん展の東京開催もメルマガで知りました。ずっと行きたかったけど別の地域ばかりだったので「ちぇっ」とスネていたのですが、ついに東京上陸!しかも、新宿タカシマヤで行きやすい!そのため、即スマホでクレジットカード決済して、ローソンに行きロッピーから操作をしてレジでチケットを受け取りました。ですが、スマホで決済しなくてもセブンイレブンかローソンの店内の端末機からなら直接チケットを購入でき、クレジットカード利用もOKです。


I also learned about the Ribon exhibition in Tokyo from the e-mail newsletter. I’ve always wanted to go, but it was only in another area, so I was sneaking around, but finally landed in Tokyo! Moreover, it is easy to go in Shinjuku Takashimaya! Therefore, I immediately made a credit card payment with my smartphone, went to Lawson, operated from Loppi, and received the ticket at the cash register.

チケット取るならセブンイレブンがオススメの理由とは

Why is Seven-Eleven recommended if you want to get a ticket?

あ~!こっちにすればよかった!引用:公式ページ

りぼん展のチケットをセブンイレブンで購入すると、上記の画像のような表紙風「選べる10種類のL版プリント」が1枚もらえます。ずるい~!知らなかった~!(ガックリ)

If you purchase a ticket for the Ribon exhibition at Seven-Eleven, you will receive one cover-style “10 types of L-size prints to choose from” as shown in the image above. It’s sly! I didn’t know! (Disappointing)

りぼん展は中学生以下は無料!

The Ribon exhibition is free for junior high school students and younger!

【前売】一般¥800/大学・高校生¥600
【当日】一般¥1,000/大学・高校生¥800

りぼん展は中学生以下は無料です。小学3~4年生ごろから、間少女漫画好きな子は眼に星が入っている絵を描きだします(私もそうでした)「ちゃお」とか読んでる子供さんを連れて行ってもよさそうですな。

当時5歳のはっちゃんは少女漫画よりポケモン・スタンプラリー!
At that time, 5-year-old Hatchan was a Pokemon stamp rally from shojo manga!

りぼん展はまだまだ全国巡回中♡往年のりぼんっ娘、集まれ!!

The Ribon exhibition is still touring all over the country ♡ The old Ribon girls get together! !!

きゃああ~!なるみちゃんが~!♡
Kyaah ~! Narumi-chan! ♡

私が小学生だった時は、女子はたいてい集英社の「りぼん」か講談社の「なかよし」を買っていました。その付録も使っていましたし、全プレ(切手を送るとバッグなどが全員もらえる)もとても楽しみにしていました。あなたの好きな漫画は何でしたか?私は「お父さんは心配性」「ちびまる子ちゃん」「星の瞳のシルエット」「ときめきトゥナイト(蘭世が一番♡)」でした♪

When I was in elementary school, girls usually bought Shueisha’s Ribon or Kodansha’s Nakayoshi. I also used that appendix, and I was really looking forward to all the pres (you can get all the bags etc. by sending stamps). What was your favorite manga? I was “Dad is worried”, “Chibi Maruko-chan”, “Silhouette of star eyes”, “Tokimeki Tonight (Ranze is the best ♡)” ♪

そんな大人の青春「りぼん」の原画や付録などを一気に楽しめるのが、この「りぼん展」です。1年限りの企画ものではなく、数年かけて全国各地で開かれている企画です。今後のスケジュールは以下の通りです。

鳥取県:
JU米子タカシマヤ(5階特設会場)
2020年9月9日(水)~9月22日(火・祝)
岡山県:
岡山タカシマヤ(8階催会場)
2020年9月25日(金)~10月5日(月)
愛媛県:
いよてつタカシマヤ
(7階催会場)
2020年11月18日(水)~12月1日(火)
鹿児島県:
かごしま近代文学館
かごしまメルヘン館
2021年3月10日(水)~4月12日(月)

全体的に、開催場所はタカシマヤの催事場が多いようですね。

懐かしい~!青春が一気によみがえる「りぼん」の先生方の原画たち

Nostalgic! Original drawings of Ribon teachers who bring youth back to life

高島屋エレベーター内の椅子が気に入ったはっちゃん
Hatchan likes the chair in the Takashimaya elevator

さて、では青春の1ページを私と一緒に見ていきましょうか♡

りぼん展のオリジナルグッズたち。とりあえず、後で買うか!
Original goods from the Ribon exhibition. For the time being, will I buy it later!
あ!こどものおもちゃ描いた、小花美穂先生!
Ah! Miho Obana, who drew children’s toys!
あ!ハンサムな彼女の作者、吉住渉先生や~!(めっちゃ詳しいW)
Ah! Her handsome author, Wataru Yoshizumi! (Very detailed W)

りぼんの先生のマンガたちからは、勇気や友情や恋などさまざまなことを学びました。特に、主人公たちは全体的にちょっとドジな子が多かったので、「りぼんの主人公もドジだから私も大丈夫!」とヘンな安心感を持ちました。家に帰ってからはだいたい漫画を読んでいて、りぼん漫画スクールに1回だけ応募して、Cクラスで初めて人生で挫折を味わいましたW(⇒人生、そんなに甘くない)

カラー原画もキレイ♪すごいな~!
The original color picture is also beautiful ♪ It’s amazing!
あ!姫ちゃんとぽこた!
Ah! Hime-chan and Pokota!
壁もりぼんやで~!
The wall is Ribon!

付録の展示と書き下ろし作品、一条先生と吉住先生のムービー上演もありました


There was also an exhibition of the appendix, a newly written work, and a movie performance by Professor Ichijo and Professor Yoshizumi.

たっぷり原画を見た後は、付録の展示です。りぼんの付録、めちゃ良かったですよ。今も雑誌の付録、すごいことになってますが。印象深かったのは、「ハンサムな彼女」の作者・吉住渉先生がマンガを描く動画が公開されているのですが、めちゃくちゃ速くて上手なんですよ(⇒当たり前じゃん!)プロの漫画家は改めてすごいな~!と思いました。

After seeing plenty of original drawings, it is an appendix exhibition. Ribon’s appendix was really good. The magazine’s appendix is ​​still amazing. What impressed me was that the video of Wataru Yoshizumi, the creator of “Handsome Girl”, has been released, but it’s insanely fast and good (⇒ It’s natural!) Professional cartoonists are amazing again. What! I thought.

まとめ

う~ん、今回は私は楽しかったのですが、はっちゃんはあんまり興味なさそうでした;まだ、少女漫画には早い年齢(5歳)だったかな?少女漫画が好きになったら、またこんな風に原画が見れるイベントとかに行きたいと思います♡

Hmmm, this time I had a lot of fun, but Hatchan didn’t seem to be very interested; was she still early in shojo manga (5 years old)? If you like shojo manga, I would like to go to an event where you can see the original drawings like this ♡

よろしければ、ポチ!っとお願いします。ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 旅行ブログ 東京お出かけスポットへ
にほんブログ村

By mama