FavoriteLoadingAdd to favorites

[Kawaguchi City] Aya and the witch are masterpieces for children! Word-of-mouth and impressions with spoilers-What’s terrible?

今日は東京は一日中、雨でした。雨だと「お外出れないね~」という方もいますが、私は(傘させばいいだけでは?)と思うタチなので、行ってきました。アーヤと魔女。最初は観る気はなかったのですが、アーヤと魔女のネット内での評判があまりに悪く、逆に(見たい!)と思ってしまいまして;

It was raining all day in Tokyo today. Some people say, “I can’t go out” when it’s raining, but I’m a kid who thinks (Isn’t it just an umbrella?), So I went there. Earwig and the Witch. At first I didn’t want to see it, but Aya and the Witch’s reputation on the net was so bad that I thought (I want to see it!);

そんなわけで、本日の「東京の小学生とおでかけ!」のテーマはスタジオジブリ最新作・アーヤと魔女です。

That’s why today’s theme of “Going out with elementary school students in Tokyo!” Is Studio Ghibli’s latest work, Aya and Ma.

ハイ。いつものアリオ川口MOVIXで朝の9時15分から観ましたよ~

Yes. I watched it at the usual Ario Kawaguchi MOVIX from 9:15 in the morning ~

朝早いから、アリオを掃除しているおばちゃんを見ていました。
Early in the morning, I was watching an aunt cleaning Ario.

家から一番近映画館が川口のMOVIXなので、よく子供とアリオ川口へ映画を見に行きます。

The closest movie theater to my house is Kawaguchi’s MOVIX, so I often go to Ario Kawaguchi with my kids to watch movies.

アリオ川口で映画を見るなら絶対「SMTメンバーズ登録」をすべき!!

If you want to watch a movie at Ario Kawaguchi, you should definitely register as an SMT member! !!

MOVIXで6回映画を見ると、SMTメンバーズサイトから映画を予約する際に、クーポンで1本映画がただで観られます。
If you watch a movie 6 times on MOVIX, you can watch one movie for free with a coupon when you book a movie from the SMT members site.

MOVIX川口ではSMTメンバーズという無料のメンバー登録をするとですね、なんと6回映画を見るたびに1回無料映画券がプレゼントされるのです!!(はあはあ)私なんか最初の方はそれを知らず、もったいなかったって話ですよ!それで、今日の「アーヤと魔女」はSMTメンバー特典で無料で観られたのでした。ありがとう♡SMTメンバーズ。

アーヤと魔女のチケット。チケット半券でアリオ内のショップが割引になります。(一部)
Earwig and the Witch Ticket. Discounts on shops in Ario with ticket stubs. (part)

At MOVIX Kawaguchi, if you register as a free member called SMT Members, you will get a free movie ticket every time you watch a movie 6 times! !! (Hahhh) I didn’t know that at the beginning, and it was a waste! So, today’s “Aya and the Witch” was watched for free with SMT member benefits. Thank you ♡ SMT Members.

川口MOVIXのアーヤと魔女のスケジュールがひどすぎる、、!

Kawaguchi MOVIX’s Aya and Witch’s schedule is too terrible!

えっ!ジブリなのに、なぜこの時間帯なの?!いじめ?!
eh! Why is this time zone when it’s Ghibli? !! Bullying? !!

私は特にジブリマニアというわけではなく、8月には細田監督の「竜とそばかすの姫」も見た者なのですが、今回、MOVIX川口でのアーヤと魔女のスケジュールには仰天しました。そばかすの姫は一日4~5回上映されるのですが、アーヤと魔女は一日たった1回。しかも、朝の9時15分または夜の7時20分です。アーヤと魔女のベースは、イギリスのファンタジー作家・ダイアナさんの遺作であり、児童文学です。

I’m not a Ghibli enthusiast, and I saw Hosoda’s “Princess of the Dragon and Belle” in August, but this time I was amazed at the schedule of Aya and the witch at MOVIX Kawaguchi. The Belle Princess is screened four to five times a day, but Aya and the Witch are only once a day. Moreover, it is 9:15 in the morning or 7:20 in the evening. Earwig and the Witch’s base is a work of British fantasy writer Diana and is a children’s literature.

こどもが読んで「クスっ」と笑う原作なのに、なんでこんな観づらいスケジュールなんだ~。お金のにおいがぷんぷんする~。それは、宮崎駿監督作品じゃないから?竜とそばかすの姫の方が儲かりそうだからだから??ちょっと露骨です。

引用:MOVIX川口 公式サイト 9月2週目になり、上映回数は3回に減りました。

It’s an original story that children read and laugh at, but why is it such a difficult schedule? The smell of money is pungent. Isn’t it a film directed by Hayao Miyazaki? Because the dragon and the princess of buckwheat are more likely to make money? ?? It’s a little blatant.

竜とそばかすの姫は確かによかったけどさ!より長い時間、日本のアニメ界を引っ張ってきたジブリに失礼な気がしました。
The dragon and the princess of Belle were certainly good, though! I felt rude to Ghibli, who has been leading the Japanese anime world for a longer time.

川口市民はまっとう!朝早くなのに、アーヤと魔女の土曜日はほぼ満席

Kawaguchi citizens are right! Even though it’s early in the morning, Earwig and the Witch’s Saturday is almost full

MOVIX川口の売店。MOVIX Kawaguchi store.

MOVIX川口の映画予約は、2日前から公式サイト(https://www.smt-cinema.com/site/kawaguchi/)またはムビチケから可能です。私が2日前に予約した際は、ほぼ空席ばかり。(が~ん!そんなにアーヤ人気ないのお!マジ??)と思いました。しかしですね、3連休の土砂降りで朝9時台という少々きつめの環境下のなか、結構いました。お客さん。

なぜか、総理の夫がプッシュされていました。
For some reason, the Prime Minister’s husband was being pushed.

MOVIX Kawaguchi movie reservations can be made from the official website (https://www.smt-cinema.com/site/kawaguchi/) or Mubichike from 2 days in advance. When I made a reservation two days ago, there were almost no seats available. I thought (Gan! Aya is not so popular! Seriously ??). However, it was fine in a slightly tight environment of 9 am due to the downpour of three consecutive holidays. customer.

客層メインは小学3~4年生の男女とその親。または、ジブリ作品を絶対毎回見ます、というようなジブリ好きそうな社会人や高齢者の方です。逆にほぼいなかったのは10~20代の若者、カップルでした。

The main customers are men and women in the third and fourth grades of elementary school and their parents. Or, if you are a member of society or an elderly person who seems to like Ghibli, such as seeing Ghibli works every time. On the contrary, there were almost no young people in their teens and 20s, couples.

「アーヤと魔女」は間違いなくジブリの傑作のひとつ!!!

“Earwig and the Witch” is definitely one of Ghibli’s masterpieces! !! !!

良い世界観♡宮崎五郎監督らしい、アート性が際立つなあと思いました。
Good view of the world ♡ I thought that the artistic nature of director Goro Miyazaki stands out.

結論から言うと、私と小学2年生の娘は「アーヤと魔女」をとても楽しみました。泣きはしません。ホームドラマみたいな感じですから。スピード感があって、「映画見たあ!」って刺激も、刺激過多な作品に比べると少ない気もします。でも、間違いなく面白い作品です!

(面白かったとこ①)CGが良かった

(Interesting ①) CG was good

引用:YouTube

スタジオジブリというと、手書きですよね。しかし、今作は全編3DCGなのです。ネットではその点が非常に評判悪く、「学芸会レベル」と書かれている記事もあったりしました。しかし、その揶揄している人って本当にお金を払って見に行った人たちなのでしょうか?

Studio Ghibli is handwritten, isn’t it? However, this work is a full-length 3DCG. This point is very unpopular on the net, and there was an article that said “Gakugeikai level”. But are those ridiculous people really paying to go see it?

アーヤと魔女は、絶対にCGでなくては実現不可能な映画です。その点は、宮崎駿監督もインタビューで「CGであることによって解放されている」とおっしゃっています。

Earwig and the Witch is a movie that can never be realized without CG. Director Hayao Miyazaki also said in an interview that “it is released by being CG”.

「CGであることによって解放されている」と3DCGについても太鼓判を押した。

宮崎駿が3DCGに太鼓判、「アーヤと魔女」の魅力語るインタビュー映像

アーヤと魔女は少し不思議な感じで、ディズニーみたいに動きが早く描写が細かいわけでもなく、ピクサーみたいにキャラクター中心なわけでもなく。イギリスの美しい風景や孤児院の生活自体は手書きでもいけそうなのですが、魔女の部屋の汚さを演出し、時折使われる魔法をより立体的にして、話の地味さを華やかにするには、これが最適解だったのではないかな、と思います。

原作のイメージぴったりのキャラクターたち。Characters that are perfect for the original image. 引用:公式サイト

Aya and the witch are a little strange, they aren’t as fast-moving and descriptive as Disney, and they’re not character-centric like Pixar. The beautiful scenery of England and the life of the orphanage itself can be handwritten, but in order to make the witch’s room dirty, make the magic used occasionally more three-dimensional, and make the story sober. I think this was the optimal solution.

予告編だけではアーヤの顔はこれまでのジブリ作品と違う、という印象が強めですが、ちゃんと作品を見るとアーヤの表情がかわいらしく、立体的なのでそこにいるように感じ、ストーリーのほとんどの土台である「魔女の家」が奥深く見えるのです。

The trailer alone gives a strong impression that Aya’s face is different from previous Ghibli works, but when you look at the work properly, Aya’s expression is cute and three-dimensional, so it feels like you are there, which is the basis of most of the story. The “Witch’s House” can be seen deeply.

(面白かったとこ②) アーヤ役:平澤さん、魔女役:寺島さん、トーマス役:浜田さん、イメージぴったり!

The role of Aya: Mr. Hirasawa, the role of the witch: Mr. Terashima, the role of Thomas: Mr. Hamada, the image is perfect!

音楽もすっごく良かったんだよね~。
The music was really good too.

声優の大女優・寺島しのぶさんがウマかったです。大竹しのぶさんもそうですが、やはり大女優はハズしませんよ。そこがかっこいい。寺島さんはドスのきいた迫力のあるアーヤへの命令口調、自分の仕事への依頼主からの電話に出るときの甘ったるい声の出し方など、見事な演じ分けでした。

Shinobu Terajima, a big voice actor, was really good. Like Shinobu Otake, big actresses don’t hurt. That is cool. Mr. Terashima performed wonderfully, such as the powerful and powerful command tone to Aya, and how to make a sweet and sloppy voice when answering the phone call from the client for his work.

また、黒猫役の濱田岳さんもイメージぴったり!ちょっとナマイキで、気がよわそうで。濱田さんのキャスティングはナイスでしたね。あとは、オーディションで選ばれた平澤さん。予告編を見ただけでは「ん?」と一瞬思いましたが、本編を見れば見るほど、「この子しかアーヤのぶれない心は演じられない!」と確信するほど、イメージぴったりでした。

In addition, Gaku Hamada, who plays the role of a black cat, is also a perfect image! It’s a little naive and looks good. Mr. Hamada’s casting was nice. The rest is Mr. Hirasawa, who was selected at the audition. Just looking at the trailer made me think “Hmm?” For a moment, but the more I saw the main story, the more I was convinced that “only this child can play Aya’s unshakable heart!”

(面白かったとこ③) ハリーポッターみたいな、イギリス&魔女好きにはたまらないストーリー

An irresistible story for British and witch lovers like Harry Potter

企画・宮崎駿監督からのメッセージ。生命力ある女の子が好きなんですね。引用:公式ページ
Message from director Hayao Miyazaki

アーヤと魔女の原作はイギリス児童文学なので、イギリスらしさにあふれています。お茶をスルシーンがたくさんありますが、もちろんコーヒーではなく紅茶。マンドレイクというアーヤと一緒に住むことになるおじさんがグルメで、「フィッシュアンドチップスを持ってこい」とか命令します。また、アーヤたちの通う学校の制服や町の風景もイギリスらしさにあふれていて、画面上の細部までとことんこだわり抜かれています。

The original work of Earwig and the Witch is British children’s literature, so it is full of Britishness. There are a lot of tea slur scenes, but of course tea, not coffee. An uncle who will live with Aya called Mandrake is a gourmet and orders “bring fish and chips”. In addition, the school uniforms and the scenery of the town where Ayah and his friends attend are full of British style, and every detail on the screen is carefully selected.

(面白かったとこ④) めっちゃパワハラされてもめげない、アーヤは現代の「おしん」♡

Aya is a modern “Oshin” ♡

孤児院ではやりたい放題だったアーヤは、魔女の家ではじめて人生初の試練に出会います。
Aya, who wanted to do whatever she wanted at the orphanage, encounters the first trial of her life for the first time at the Witch’s House.

アーヤの性格は、「長靴下のピッピ」や「赤毛のアン」の主人公に似ています。こういう性格の子はいま、なかなかいないだろうなあ。宮崎駿監督は、これまでも「状況に流される」女の子ではなく、「自分で考え主体的に動くヒロイン」を産み出してきました。宮崎駿監督は、スマホも気持ち悪いとおっしゃってたので、泥臭い感じがお好きなんですよ。泥臭い感じ(努力・前向き)が苦手な人は、きっとこの映画はつまらないんだろうなあ。

osshattetanode, dorokusai kanji ga o sukina ndesu yo. Dorokusai kanji (doryoku maemuki) ga nigatena hito wa, kitto kono eiga wa tsumaranai ndarou nā.

アーヤは生まれてすぐ孤児院の前に置かれた捨て子なのですが、その天性の頭のカンの良さと賢さで、孤児院の中ではリーダー格。何不自由ない暮らしをしています。

Aya is an abandoned child who was placed in front of the orphanage immediately after birth, but due to her natural smartness and wisdom, she is a leader in the orphanage. I live a comfortable life.

しかし、そんなアーヤも魔女の前ではしばらくいうことを聞くだけの毎日です。でも、彼女は「私ってなんてかわいそうなの」とは思わず、工夫を凝らして、次第に状況を自分の都合よいように引き寄せていくのです。そのストーリー展開が、とてもハラハラして面白く、時に笑ってしまいました。

However, such Aya is just listening to what she says for a while in front of the witch. But she doesn’t think “I’m sorry”, but she devises and gradually draws the situation to her convenience. The storyline was very jarring and interesting, and sometimes I laughed.

アーヤと魔女を「つまらない」と叩く人の心理とは?

What is the psychology of a person who hits “boring”?

雨で髪がぺしゃんこだよ~ん!でも、気にしないよ~ン!
My hair is messy because of the rain! But I don’t care!

私の職業はWebライターなので、ついつい日ごろから物事を深堀して読んでしまうクセがあります。それで、アーヤと魔女についてのネガティブな感想を多くネット上で見かけましたので、それについて考えてみました。

Since my profession is a web writer, I have a habit of reading things in depth on a daily basis. So, I saw a lot of negative impressions about Aya and the witch on the net, so I thought about it.

1.画面が全体的に暗い→だって、そういう話なんですよ。魔女の薬の調合をする場面が多いので。この批判をする方は、ジブリ=大空をヒロインが飛行機で飛び回るっていうイメージにとらわれているんじゃないですかね?ジブリって、それ以外にも「ぱんだこぱんだ」とか、いろんな作品、ありますよ~。

1. 1. The screen is dark overall → That’s the story. Because there are many scenes where witch’s medicine is prepared. Those who criticize this are probably caught up in the image of a heroine flying around Ghibli = the sky. In addition to Ghibli, there are various works such as “Panda Ko Panda”.

2.やはり吾郎監督では父:駿監督超えられない→これも好みだと思います。だって、お父さんの駿監督の特性は「魅力的なヒロイン像」や「ダイナミックな空中活劇」や「自然賛歌」や「冒険活劇」などです。吾郎監督の方が監督作品が少ないのですが、私は彼が建築系の能力・センスが生きる部分が素晴らしいと思っています。例えば、今回のアーヤと魔女の話の大部分は魔女の家の中なのです。ドラエモンののびたの部屋みたいな感じです。

2. After all, with Goro, my father: I can’t surpass Director Shun → I think this is also my favorite. After all, the characteristics of his father, Shun, are “attractive heroine statues,” “dynamic aerial swashbucklers,” “natural hymns,” and “adventure swashbucklers.” Director Goro has fewer directorial works, but I think that the part where his architectural ability and sense live is wonderful. For example, most of this story about Earwig and the Witch is inside the Witch’s House. It’s like Doraemon’s extended room.

魔法と現実が交互になるのに、話が混乱せずに見事に調和していました。そして、イギリス原作にもほぼ忠実であり、かつ、ジブリらしいオープニングやエンディングなどのコネタも入ってる。バランス感覚が優れている監督だと思いましたので、駿監督とはタイプが違うし、そこは比べなくて良い気がします。

The magic and reality alternated, but the story was in perfect harmony without confusion. And, it is almost faithful to the British original, and also contains connections such as opening and ending that are typical of Ghibli. I thought he was a director with a good sense of balance, so the type is different from that of Shun, and I don’t think it’s necessary to compare them.

3.印象的なシーンがない→えええ?!本編見たのかな?と思いました。私は、オープニング直後の墓場でのおばけ大会シーンとそのあとのアーヤがカスタードと海を見るシーンが好きです。あとは、マンドレークと魔女たちの過去が明らかになるシーンやアーヤが魔女に仕返しをしようと魔女人形をつくって呪いをかけるシーンなどなど。たくさんありますけどね。

3. There is no impressive scene → Yeah? !! Did you see the main story? I thought. I like the scene of the ghost tournament in the graveyard right after the opening and the scene where Aya sees the custard and the sea after that. Also, there are scenes where the past of Mandrake and the witches is revealed, and scenes where Aya makes a witch doll and curses her in an attempt to revenge the witch. There are many, though.

こんなに起承転結がしっかりしている台本でそういう感想になるというのは、子供より感受性が少ないのかな~と思いました。うちの小2はアーヤと魔女で複数回、ゲラゲラ笑ったり顔をしかめつらしたりと反応していましたので。むしろ、大人より子供向けの作品なのかもしれませんね。

I wondered if it would be less sensitive than a child to have such an impression with a script that has such a solid start-up and transfer. My small 2 was Aya and a witch, and they reacted multiple times by laughing and frowning. Rather, it may be a work for children rather than adults.

ではでは!最後までご覧いただき、ありがとうございました~♡

By saeko