FavoriteLoadingAdd to favorites

[Itabashi] Impressions of the movie Sumikko Gurashi 2-Can you cry? Advance sales, benefits, picture books, lottery stories

ファンシー・グッズのキャラクター「すみっコぐらし」が初めて映画になったのは2019年11月8日でした。(うそ!まじ?誰が見るの?)と失礼な感想を持っていた私ですが、私の予測に反し、映画・すみっコぐらし第一弾の興行収入はなんと14.5億円。

The fancy goods character “Sumikko Gurashi” first became a movie on November 8, 2019. (Lie! Seriously? Who sees it?) I had a rude impression, but contrary to my prediction, the box office revenue of the first movie, Sumikko Gurashi, was 1.45 billion yen.

遅ればせながらDVDであとからすみっコ映画を見た私ですが、なんとまあ、これまでに見た映画とは違ったチカラの抜け加減が気に入りまして。それで、板橋のイオンシネマに7歳娘とさきほど「青い月夜のまほうのコ」を見てまいりました。そんなわけで、本日の「東京の小学生とおでかけ!」のテーマは、映画すみっコぐらし2の感想です。

(ネタバレ含むのでご注意ください)

I watched the Sumiko movie on DVD later, but I really like the power that is different from the movies I’ve seen so far. So, I went to Aeon Cinema in Itabashi to see “Aoi Tsukiyo no Mahou no Ko” with my 7-year-old daughter. That’s why today’s theme of “Going out with elementary school students in Tokyo!”

ぶっちゃけどうだったよ?すみっコ映画2の感想

How was it? Impressions of Sumikko Movie 2

板橋イオンシネマではスクリーン10で上映されていました。(2021年11月23日現在)It was shown on screen 10 at Itabashi Aeon Cinema. (As of November 23, 2021)

映画「すみっコぐらし 青い月夜のまほうのコ」は前作が話題になっていたためか、11月5日の公開後にママ友から「子供と観に行った♡」と報告を受けたり、板橋イオンシネマで30分前にムビチケ席指定をする際も、席がほぼ満席でした。すみっコ映画人気、恐るべし、、、!

しかし、実際に映画はどんな感じだったのでしょうか?

美しい空のグラデーションとまほうつかいの船♡

今回の絵柄、かわいすぎる、、!反則です。This design is too cute! It’s a foul

前作「映画すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ」では、シンデレラやアラジンなどの絵本の世界に入って大冒険をするというお話でした。脚本は「銀河銭湯パンタくん」の角田貴志が担当し、「がんばれ!ルルロロ」のファンワークスが制作しました。

In the previous work “Movie Sumikko Gurashi: Picture Books and Secrets”, it was a story about entering the world of picture books such as Cinderella and Aladdin and taking a big adventure. The script was written by Takashi Tsunoda of “Galaxy Sento Panta-kun” and produced by Fanworks of “Ganbare! Lulurolo”.

今作「映画すみっコぐらし 青い月夜のまほうのコ」(⇒コは必ずカタカナの模様です、、!)では、「赤ちゃんと僕」がデビュー作の監督・大森貴弘さん、脚本は『劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の吉田玲子さんというビッグネームです♡今回はまほうつかいがサブキャラで出てきますが、まほうを使えても失敗ばかりの「ふぁいぶ」が出てきて、それが物語に深みを与えています。

それから主題歌はBUMPOFCHICKEN!主題歌だけでも「行きたい!」と思う方は多いのではないでしょうか?優しいイノッチさん、本上さんのナレーション、そして藤原さんのボーカルと、癒し度満点♡女子の栄養補給♪的な癒し満点の映画です。

Then the theme song is BUMP OF CHICKEN! I think there are many people who think “I want to go!” Just for the theme song. Gentle Inohara-san, Motogami-san’s narration, and Fujiwara-san’s vocals are perfect for healing ♡ Girls’ nutritional supplement ♪ It’s a movie with perfect healing.

ストーリーが今の時代に合っている「夢」と「個性」の大切さ

今回の映画で、前半はホノボノとしたすみっこ達のかわいらしい生活が表現されているのですが、後半では「自己実現とは」「夢とは」「生きるとは」みたいな要素がうっすらと映し出されます。すみっこ達はそれぞれ夢を持っています。とんかつは人に食べられること、ネコはスタイルがよくなること、ぺんぎんは本当の自分を見つけること、などなど。

In this movie, the cute life of Sumikko Gurashi is expressed in the first half, but in the second half, elements such as “what is self-actualization”, “what is a dream”, and “what is life” are slightly projected. increase. Each Sumiko has a dream. Tonkatsu can be eaten by people, cats can improve their style, penguins can find their true self, and so on.

イオンシネマ板橋に置いてあった、無料のフリー雑誌より。すみっこ映画の紹介が載っていました♪From a free free magazine at Aeon Cinema Itabashi. There was an introduction to the Sumikko movie ♪

しかし、時にその夢があることで悩みも出てきてしまうのです。まほうの兄弟とはぐれてしまった「ふぁいぶ」は、そんなすみっコ達の悩みを消すべく、なんと、みんなの就寝中に「夢」を魔法で消してしまうのでした。(⇒この展開、結構びっくりした、、!)夢がなくなることで悩みはなくなったのですが、もう以前のすみっコ達の様子はなく、別人格になったのです。夢があることで苦しいこともあるけれど、楽しく生きられることもあり、夢は人生を形作ってくれると思った45歳母でした。(⇒絵がファンシーすぎるのにこの内容のギャップにまたドキドキしちゃうよね、、!)

However, sometimes having that dream also causes worries. “Faibu”, who was separated from the Maho brothers, magically erased “dreams” while everyone was sleeping in order to eliminate the worries of those Sumikos. (⇒ This development, I was quite surprised …!) I was no longer worried because my dreams were gone, but I didn’t see the Sumikos before, and I became a different personality. It can be painful to have a dream, but sometimes I can live happily, and I was a 45-year-old mother who thought that dreams would shape her life. (⇒ Even though the picture is too fancy, I’m thrilled by the gap in this content again!)

すみっコファン・夢見がちな女性・子供・女学生向け

For Sumiko fans, dreamy women, children, and schoolgirls

この映画は一般的な男性には不向きだと思います。(⇒そもそも見ないと思うけど、、!)そもそも、サンリオやサンエックスの映画って子供向けじゃないですか。でも映画館でやるから60分以上の尺があるし観賞料金もとります。映画1本でそれなりのボリュームや展開があるもので、すみっこファンに向けた内容で、、!って考えると、こういう内容になると思うのです。

I don’t think this movie is suitable for the average man. (⇒I don’t think I’ll watch it in the first place, but!) In the first place, Sanrio and San-X movies are for children, aren’t they? However, since we do it at the movie theater, there is a length of 60 minutes or more, and we also charge an admission fee. One movie has a certain volume and development, and it is aimed at Sumikko fans ,! When I think about it, I think it will be like this.

すみっコって、若い女性や40代女性(私のことだけど、、!)にも人気なんです♪需要あるんです♡Sumikko is also popular with young women and women in their 40s (I’m …!) ♪ There is demand ♡

で、日本はアニメ制作がトクイだから、子供向け映画なのに意外と大人も面白い?!みたいな感じで口コミが広がりましたね。でも、それでもともとアクションとか派手なハリウッド系の映画ばかり見てる人や、変わり種が好きではない人、映画のレビューが好きな人なんかには不向きな映画だと思います。やはり展開は遅いし、内容もうっすらとしているし。でも、要は好みなんですよ。料理と一緒で。

イオン板橋の3階にもすみっコグッズは置いてありました。Sumiko goods were also placed on the 3rd floor of Aeon Itabashi.

すみっコ映画が好きな方はオーガニック食材も好き♡で、すみっコ映画が嫌いな方はガッツリ飯が好き♡みたいな感じで。(⇒雑な分け方ですみません、、!)だから、どちらが正しいとか悪いとかはなく、向き不向きはある映画だと思います。でも、うちの小学2年生には大好評でしたし、映画館の中ではクススと笑ったり、すみっコ愛にあふれる感じでした。すみっコ市場、恐るべし、、!

And since anime production is tokui in Japan, is it surprisingly interesting for adults even though it is a movie for children? !! Word of mouth spread like this. However, I think it’s not suitable for people who are watching only action or flashy Hollywood movies, people who don’t like strange things, and people who like movie reviews. After all the development is slow and the content is light. But the point is that I like it. With cooking. Those who like Sumikko movies also like organic ingredients ♡, and those who don’t like Sumikko movies like gutsuri rice ♡. (⇒I’m sorry for the rough division,!) So, I don’t know which one is right or wrong, and I think it’s a movie that isn’t suitable. However, it was very popular with my second grader, and in the movie theater, I laughed and laughed, and I felt like I was full of love for Sumiko. Sumikko market, terrifying …!

プラネタリウムのように癒される、刺激がない上質の映画

A high-quality, non-stimulating movie that heals like a planetarium

すみっコグッズがあると、ついつい物色してしまいますね。「ママ!ハンドソープ買って~」、、なぜハンドソープ??If you have Sumiko goods, you will end up looking for something. “Mama! Buy hand soap ~”, why hand soap? ??

今回、ムビチケでネット座席指定をせずにフラっとイオン板橋に来たら、30分前にはもう良い席が埋まってしまいました。(⇒すみッコのしろくまみたいな感じで冷や汗モードになりました)で、結構前の方の席になってしまい、見づらかったです、、。この映画は後ろの方が見やすいと思います。でもでも、全体的にきれいな音楽で刺激も少ないため、映画を見ている間はとても心が穏やかでした。とにかく絵が可愛いし、映画を見ている間中、脳内が(かわいい~♡♡)ですよ、脳に悪いわけないでしょうw

あなたはどのすみっコがお好き? 引用:映画すみッコぐらし 公式ページ(https://sumikkogurashi-movie.com/character

This time, when I came to AEON Itabashi without assigning a net seat at Mubichike, 30 minutes ago, the good seats were already filled. (⇒ I went into a cold sweat mode like a polar bear in Sumiko), so it was hard to see because I was in the front seat. I think this movie is easier to see in the back. However, the music was beautiful overall and less stimulating, so I was very calm while watching the movie. Anyway, the picture is cute, and while I’m watching the movie, my brain is (cute ~ ♡♡), so it’s not bad for my brain w

ところどころクスっ♡と笑える場面もあり、(あ~、久々にのんびりした時間を過ごしてるな~)と思いました。「あつまれどうぶつの森」がヒットしたみたいに、癒し系は一定の需要があるのかもしれないですね、、!

There were some scenes where I could laugh and laugh, and I thought (Oh, I’ve been spending a relaxing time after a long time). There may be a certain demand for healing systems, just like “Animal Crossing: New Year’s Forest” was a hit!

すみっコ映画2は「とかげ」のおかあさんシーンで泣ける、、!

Sumikko Movie 2 can cry in the “lizard” mom scene!

とかげの表情がとってもイイ!!The expression of the lizard is very good! !!

映画「すみっコぐらし」で多くのことを学んだ45歳ハハですが、最もよかったな~!と印象深いシーンは、とかげとそのお母さんのハグシーンです。とかげはお母さんに会いたくて、魔法使い「ふぁいぶ」のおかげで夢がかないます。会いたい人に会えなくて、でも会えて。というのは、少し前のコロナ渦の私たちにも少し似た状況なのかな、と思いました。

45-year-old Haha learned a lot from the movie “Sumikko Gurashi”, but it was the best! The impressive scene is the hugging scene of Lizards and his mother. Lizards want to see their mother, and thanks to the wizard “Faibu”, their dreams come true. I can’t meet the person I want to meet, but I can meet. I wondered if the situation was a little similar to that of us in the corona vortex a while ago.

よろしければ、こちらもどうぞ~!If you don’t mind, please check it out!

やはり人は一人では生きていけないから、仲良しの友達や、大好きなお母さんと一緒の時間は大切にしたいな~、と思い感動しました。(⇒しかし、泣ける度で言うとポケモンやドラえもん映画の方が強力ですね、、)

After all, people cannot live alone, so I was impressed that I wanted to cherish the time with my close friends and my favorite mother. (⇒But every time I cry, Pokemon and Doraemon movies are more powerful, aren’t they?)

前売りを買ったけど特典の絵本がなかったです;

I bought an advance sale but I didn’t have a special picture book;

欲しかったよ~!(45歳です)I wanted it! (45 years old)

今回、私は張り切って前売り券をムビチケ(全国の対象劇場に入場できるweb購入できるチケット。要・座席指定)を事前に購入していました。当日より前売りのが当たり前ですがお安く、前売りは大人とこどもで2,400円でした。(当日だと親子で3,000円です)正直、、。私は前売り特典が絵本だと思っていましたが、勘違いしていました。

This time, I was enthusiastic about purchasing advance tickets in advance (tickets that can be purchased online to enter target theaters nationwide. Seat selection required). It is natural to sell in advance from the day, but it is cheap, and the advance sale was 2,400 yen for adults and children. honest,,. I thought the pre-sale privilege was a picture book, but I misunderstood it.

ムビチケで前売りを買っても特典はないんですね、、!絵本の特典は、11月5日の公開日から18日までに映画館に足を運んですみッコを見た方にひとり1冊絵本が配られるという「入場者特典」でした。絵本の期間が過ぎたらマスクケースやクリアファイルなどが時期により配られるはずですが、そういえば私たちは何ももらわなかったです;まあいいや。もし言ったらもらえてたかもですが、忘れたからしょーがない!

色合いが小学生が好きそうな感じ♡I feel like elementary school students like the colors ♡ 引用:すみっコ映画 公式ページ(https://sumikkogurashi-movie.com/novelty#:~:text=

There is no benefit even if you buy an advance sale at Mubichike! The privilege of the picture book was the “visitor privilege” that one picture book was distributed to each person who visited the movie theater from the release date on November 5th to the 18th. After the picture book period, mask cases, clear files, etc. should be distributed depending on the time, but by the way, we didn’t get anything; well, no. I might have said it, but I forgot it!

あとは、コンビニのファミリーマート独自のキャッシュレス決済である「ファミペイ」経由で前売り券(親子で2,800円、、)を買うと、ラバーキーホルダーがもらえたらしいです。うう、、。情報収集不足、、。

映画すみっコぐらしの「一番くじ」も実施中~!

映画館に行かないアナタや、私みたいに映画館で特典をもらえなかったアナタ(そんな人いるのか、、!?)も、ファミマの一番クジを引けば映画すみッコグッズが手に入れられます♡1回650円だそうで、11月6日から開始なのでもうとっくに終わってるかも、、;映画を見たあとなので、とかげぬいぐるみが欲しいですね、、!今度、ファミマでチェックしてみます!(たぶん終わってるけど、、)

ご覧いただきありがとうございました!ぽちっとお願いいたします♡

にほんブログ村 旅行ブログ 東京お出かけスポットへ
にほんブログ村

By saeko

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です