« »

【豊島区】大塚駅前でゴミ拾い♡グリーンバードでおにぎりぼんご×3個がもらえたよ♡

FavoriteLoadingAdd to favorites

[Toshima-ku] Picking up trash in front of Otsuka station ♡ I got 3 rice balls at Green Bird ♡

子供と東京中をおでかけしまくっている45歳のおばちゃんです。昨日は、小雨の中で東京のディープスポット「大塚駅」の駅前で、子供とゴミ拾いをしてきました。あ~、楽しかったです。きっかけは、テレビのニュースで見た「まちのコイン」ってのがもらえるから参加してみたんですが。

Good evening. A 45-year-old aunt who goes out all over Tokyo with her children. Yesterday, I picked up trash in front of the deep spot “Otsuka Station” in Tokyo in the light rain. Ah, it was fun. The reason was that I got the “town coin” I saw on TV news, so I tried to participate.

昔、赤羽の荒川沿いでも子供とゴミ拾いしました。ゴミ拾いがもはや、趣味に、、?!A long time ago, I picked up trash with my child along the Arakawa River in Akabane. Picking up trash is no longer a hobby …? !!

参加したあとは、もうとにかく「ゴミ拾い、楽しい~!」ってテンションになったんです。家の中の家事をひとりでするのは嫌なのに、なぜ皆でゴミ拾いはスポーツみたいな気分になるんですかね?というわけで、本日の「東京の小学生とおでかけ!」のテーマは、大塚駅前でゴミ拾いwithグリーンバード&おにぎりぼんごさんです。

After I participated, I was really excited to pick up trash and have fun! I don’t like doing household chores all at once, so why does everyone feel like picking up trash as a sport? So, today’s theme of “Going out with elementary school students in Tokyo!” Is picking up trash in front of Otsuka Station with Green Bird &

ゴミ拾いでコインがもらえる?!「まちのコイン」とは

Can I get coins by picking up trash? !! What is “town coin”?

まちのコイン・大塚版ではゴミ拾いがイベントとして登場しました。In the town coin Otsuka version, garbage picking has appeared as an event.

ゴミ拾いのきっかけとなった「まちのコイン」について、軽く説明します。夕方のテレビのニュースと職場の人の雑談で知ったのですが、女性創業家が「まちと人をむすぶ、お金じゃない通貨を発行したら地域が活性化するし、人も楽しいしWIN-WINになるのでは」みたいな考えで立ち上げました。

I will briefly explain the “town coin” that triggered the garbage picking. As I learned from the evening TV news and chats with people at work, the female founder said, “If you issue a currency that is not money, the area will be revitalized, and people will have fun. WIN-WIN I started it with the idea that “it will be.”

まちのコインというアプリを入れて、参加する自治体を選びます。東京だと、秋葉原か大塚くらいしか行ける範囲にはなかったです。登録するだけで500円(コイン)くらいもらいました。町のお店に行くだけでコインなどがもらえ、コインは街での割引やイベントに利用できます。すごい!

Insert an app called Machi no Coin and select the municipality to participate in. In Tokyo, I could only go to Akihabara or Otsuka. I got about 500 yen (coins) just by registering. You can get coins just by going to the shops in the town, and you can use the coins for discounts and events in the city. very!

第三日曜10時、JR大塚駅北口・みずほ銀行前で集合です

Meet at 10 o’clock on the third Sunday in front of Mizuho Bank, the north exit of JR Otsuka Station

例により、またまた遅刻している母。子よ、すまん、、。As usual, my mother is late again. Child, I’m sorry …

大塚駅前のゴミ拾いは、毎月第三日曜日の午前10時に北口のみずほ銀行前で集合しています。(たまに違う場合もあります。詳細はこちらをご覧ください。)人数把握のため、当日いきなり参加は不可です。事前申請として、webフォームから申請します。

Garbage picking in front of Otsuka Station is gathered in front of Mizuho Bank at the north exit at 10 am on the third Sunday of every month. (Sometimes it may be different. Please see here for details. To understand the number of people, it is not possible to participate suddenly on the day. Apply from the web form as a prior application.

怠惰なわたしは5分遅刻しました;(すみません)予約は、まちのコインから行いました。申し込みをすると、メールで返信がきて、当日、そのまま子供と参加しました。

I’m lazy, I’m 5 minutes late; (sorry) I made a reservation from the town coin. When I applied, I received a reply by e-mail, and on the day I participated with my child as it was.

まちのコインで大塚ゴミ拾いイベントをしている団体は、NPO団体のグリーンバードさんでした。

The organization that holds the Otsuka garbage picking event with the coins of the town was Mr. Green Bird, an NPO organization.

2022年2月20日(日)。約30名のボランティアが大塚でゴミ拾い

Sunday, February 20, 2022. About 30 volunteers pick up trash in Otsuka

ビブスを上着の上に着て、はっちゃん、大塚でゴミ拾いスタートです。Put on your jacket and start picking up trash at Hatchan and Otsuka.

「遅れてすみません~」と言いながら親子で登場すると「あ、大丈夫ですよ~」とめちゃ感じのよい男性と女性が、私に燃えるゴミ用のゴミ袋、ビブス、トング、手袋を貸してくれました。参加者は手ぶらでいいのです。なんてラクなんだ★

When parents and children appeared while saying “I’m sorry to be late”, a very nice man and woman lent me a garbage bag, bibs, tongs, and gloves for burning garbage. rice field. Participants can be empty-handed. How easy it is ★

このゴミ袋は、モデル・女優の水原希子さんデザインだそうです。
This garbage bag is designed by model / actress Kiko Mizuhara.

貸していただいた緑の手袋にはLaforeHARAJUKUの文字が。The green gloves you lent me have the letters Lafore HARAJUKU.

このゴミ袋、水原希子さんのデザインなんですよ~」と言われ、一瞬、水原希子を水原あどちゃんと勘違いしてしまった昭和生まれの45歳の私www 約8度の冬の大塚駅まで、ゴミ拾いをリーダーのあとについて、スタートです。知らない人とでもすぐ仲良くなれるから、ボランティアって楽しいっすよね。

“This garbage bag is designed by Kiko Mizuhara ~”, and for a moment I misunderstood Kiko Mizuhara as Ado Mizuhara. I was born in Showa and was 45 years old. After the leader, picking up trash is the start. Volunteering is fun because you can get along with strangers right away.

大塚駅前はたばこの吸い殻が多いのは有名な話?!

Is it a famous story that there are many cigarette butts in front of Otsuka station? !!

排水溝にも吸い殻がつまっているので、トングで取ります。The drainage ditch is also clogged with butts, so remove it with tongs.

グリーンバード・大塚駅リームでは、15名ずつくらいの2班に分かれてゴミ拾いをしました。わたしたち親子は、みずほ銀行駅前→都電大塚駅前→アトレヴィ大塚周辺→商店街→山手線線路沿い→イロノワヒロバ(大塚駅北口駅前広場)というルートで一周しました。

At Green Bird Otsuka Station Ream, we were divided into two groups of about 15 people each to pick up trash. Our parents and children went around the route of Mizuho Bank station square → Toden Otsuka station square → Atrevie Otsuka area → Shotengai → Yamanote line line → Ironowa Hiroba (Otsuka station north exit station square).

これ一周で、集合から約40分かけて行いました。It took about 40 minutes from the meeting in this round.

「吸い殻多いので、気を付けてくださいね~」と言われましたが、確かに吸い殻は多かったです。しかも、排水溝の近く。水で流れて周り巡るより、地上でストップした方がいいと思うのです。あとは、個人的には「つまようじ」がめちゃくちゃありました。タイルとタイルの間にはさまってたので、居酒屋帰りかなんかでつまようじ「ぽいっ」と捨てるんですかね。でも私は完璧主義者じゃないし、いちいち人のやることなすことケチつける気はありません。ただ、自分はポイ捨てしないゾ、と改めてごみ拾いしながら思いましたね。

I was told, “Be careful because there are many butts,” but there were certainly many butts. Moreover, near the drain. I think it’s better to stop on the ground than to flow around with water. Also, personally, “toothpicks” were messed up. It was sandwiched between tiles, so I guess I throw it away with a toothpick on my way home from the izakaya.

もうひとつのチームと合流♡若い人・シニア・子供などいろんな人いた

Joined another team ♡ There were various people such as young people, seniors, children, etc.

ゴミ拾いに参加していたのは、ボランティアが好きな若い方(20~30代?)でひとり参加の女性・男性。私みたいな子連れのお父さん・息子またはお母さん・娘のコンビが4組くらい。シニアの方も4~5名いました。みなさん生き生き♡「赤羽に住んでるんですか?赤羽なら、赤羽チームのぱーこさんは有名ですよ~」なんて、新たな情報も教えてもらいます。

The people who participated in the garbage picking were young people (20-30s?) Who like volunteers, and women and men who participated alone. There are about 4 pairs of fathers / sons or mothers / daughters with children like me. There were also 4-5 seniors. Everyone is lively ♡ “Do you live in Akabane? If you are in Akabane, the Akabane team’s Parko is famous ~”, I will be told new information.

線路沿いに「ペンギン横丁」が、、!”Penguins Yokocho” along the railroad track!

参加者の子供さんと歩いていたら、道端でいろいろ見つけました。「ペンギン!」と言うので見てみると、勝手に歩道に「ペンギン横丁」が設置されていましたwwこういうの、いいなあ♡今の時代、これも「公的な歩道なので」て撤去しちゃうのでしょうか。無駄が大事、遠回りも大事って私は思うし、無駄が人格や新しい価値もつくると思ってます。

When I was walking with the children of the participants, I found various things on the roadside. When I looked at it because I said “Penguins!”, “Penguins Yokocho” was installed on the sidewalk without permission. Is it? I think waste is important, detours are important, and waste also creates personality and new value.

おにぎりぼんごさん、ありがとう!ついにぼんごにご対面~♡

Thank you, Onigiri Bongo! Finally meet Bongo ~ ♡

ゴミ拾いが終わったら、手袋を脱いで、ビブスを返却して、記念写真をとって終了です。通常はこの場で解散なのですが、大塚チームでは第三日曜日のみ「おにぎりぼんごさん」のおにぎりがついています。おにぎりぼんごとは大塚の有名なおにぎり屋さんで、普通に毎日並ばないと買えません。

この建物の上はOMO大塚(星野リゾート)、1階はカフェ?、地下はピンポンバーです。Is OMO Otsuka (Hoshino Resort) on the top of this building and a cafe on the first floor? , The basement is a ping pong bar.

「みんな、おにぎり食べよ~」という声がかかると、シズラーの入っているビルの入口からおにぎりを持った店員さんが出てきて、テーブルにおにぎりを置きました。どうやら、おにぎりぼんごさんがボランティア用におにぎりをつくり、それをこの建物の1階のカフェ?に預けて、ちょうどゴミ拾いが終わったころ合いにおにぎりをリーダーに渡す段取りになっているようです。すごい!

あ!わたしがホテルに泊まったのに食べれなかった、おにぎりぼんごさんだ♡Ah! It’s a rice ball bongo that I couldn’t eat even though I stayed at the hotel ♡

When I heard a voice saying, “Everyone, eat rice balls”, a clerk with rice balls came out from the entrance of the building containing the sizzler and put the rice balls on the table. Apparently, Onigiri Bongo made rice balls for volunteers and used them as a cafe on the first floor of this building? It seems that it is set up to hand over the rice balls to the leader just after picking up the trash. very!

ピンポンバーをお借りし、スタンプを押してもらって終了

Borrow a ping-pong bar, get a stamp and finish

この日は、シズラーの入っているビルの地下にあるピンポンバーで、おにぎりんぼんごさんのおにぎりを1人1個いただいて、解散となりました。グリーンバードさんではゴミ拾い参加でスタンプを押してくれるスタンプカードを配布されていて、他のお子さんが私にスタンプを押してくれました♡まちのコインは、リーダーに伝えるとスマホのまちのコインアプリ上でスタンプを押してくれます。

On this day, at the ping-pong bar in the basement of the building containing Sizzler, we received one rice ball from Rinbongo-san and it was disbanded. Mr. Green Bird distributed a stamp card that stamps me when I participate in picking garbage, and another child stamped me ♡

「スタンプ20こで、海外行けるよw」などと笑って話すシニアの常連さんらしき人と笑って話したり。平和な感じで、みんなが楽しんでゴミ拾いをしているのがわかります。うちのはっちゃんも、そこで知り合った男の子とピンポンを楽しみました。このピンポンバーの場所も、ボランティアのためにおにぎり受け渡し場所として開放してくださっています。大塚って事業者同士が支え合ってる感、半端ないっすね、、!

I laugh and talk with people who seem to be senior regulars who laugh and talk, such as “You can go abroad with 20 stamps.” You can see that everyone is having fun picking up trash with a peaceful feeling. Our Hatchan also enjoyed playing ping-pong with the boy he met there. The place of this ping-pong bar is also open as a rice ball delivery place for volunteers. Otsuka feels like the businesses are supporting each other, isn’t it?

最後までご覧いただきありがとうございました。↓ポチっ!としてくださると、ブログの励みになります♡

にほんブログ村 旅行ブログ 東京お出かけスポットへ
にほんブログ村
« »