« »

【豊島区】映画バズライトイヤーを子供と見に行った感想!SWとアドベン好きの大人が好きそう♡

FavoriteLoadingAdd to favorites

[Toshima-ku] Impressions of going to see the movie Buzz Lightyear with a child! Adults who like Star Wars seem to like it ♡

私はいま仕事で毎日のように英語の宇宙記事を要約しているので、バズライトイヤーが映画化されると聞いて「行く!」と思いました。でも、私の小学生の子供トイ・ストーリーの途中でシドに嫌気がさしていたので、見たがらないかも;と思いました。

I’m currently summarizing an English space article at work, so when I heard that Buzz Lightyear would be made into a movie, I thought, “Go!”

そこで(幼稚園のときのお友達と一緒なら行くかも!)と思い立ちました。そんなわけで、今回の「東京の小学生とおでかけ!」のテーマは映画・バズライトイヤー子連れ鑑賞の感想です。

That’s why the theme of this “Going out with elementary school students in Tokyo!” Is the impression of watching movies and Buzz Lightyear with children.

映画・バズライトイヤーのネタバレ感想

Spoiler impressions of movies and Buzz Lightyear

いや~、始まりましたね!バズ・ライトイヤーの映画!っとか言って、私はトイ・ストーリーの熱心なマニアでもピクサーの強烈なファンでもありません。単に平均的な映画好きだと思いますが、映画に詳しいわけでも素晴らしい批評ができるわけでもありません。(なら書くなよ、、!)しかし、面白い映画だったので書かせていただきます~す!

No, it’s started! Buzz Lightyear movie! After all, I’m neither an avid Toy Story enthusiast nor a strong Pixar fan. However, it was an interesting movie, so I will write it!

映画バズ・ライトイヤーの超ざっくりなあらすじ

A super-rough synopsis of the movie Buzz Lightyear

この映画はトイ・ストーリーに出てくるご存知、バズ・ライトイヤーが主人公です。トイ・ストーリーのスピンオフ映画として位置しており、関係あるけど、トイ・ストーリーとは違う話です。

As you know from Toy Story, Buzz Lightyear is the main character in this movie. It is positioned as a spin-off movie of Toy Story, and although it is related, it is a different story from Toy Story.

とある惑星に不時着したスペースレンジャーであるバズ・ライトイヤー一行は、肉食植物が襲ってくるというアクシデントに見舞われました。スペースレンジャー仲間の女性・アリーシャと共に難を逃れ、なんとか逃げ切ります。「この星には住めない」と判断したバズは、一緒に宇宙船で降りた1200人もの人々を救う道を開くため、果敢に元の星へ戻るためのテスト・ミッションを繰り返します。

Buzz Lightyear, a space ranger who crash-landed on a planet, was hit by an accident in which carnivorous plants attacked. Escape the difficulties with her fellow Space Ranger woman, Alisha, and manage to escape. Judging that he can’t live on this planet, Buzz repeats a test mission to boldly return to the original star in order to pave the way for the 1200 people who got off the spacecraft together.

しかし、なぜか操縦しているスペース・シップはハイパー・スピードには到達せず、バズは失敗を繰り返します。しかも、バズのテスト飛行時間は4分のみですが、不時着した惑星の時間は4年もたっていたのでした、、。ミッションの達成がアイディンティティであるバズは、次第にイライラしてきます。そんなバズの元へ、仲間のアリーシャは猫型ロボットのソックスをプレゼントします。そこからバズの生活は少し変わり始めます、、。

However, for some reason, the spaceship he is maneuvering does not reach hyper speed, and Buzz keeps failing. Moreover, Buzz’s test flight time was only 4 minutes, but the time of the planet that crash landed was 4 years. Buzz, whose mission is to complete the mission, becomes increasingly frustrated. To such a buzz, fellow Alisha presents socks for a cat-shaped robot. From there, Buzz’s life begins to change a little.

どう考えても幼児には無理;小学5年生くらいからがオススメかな~

It’s impossible for infants by any means; I think it’s recommended from the 5th grade of elementary school ~

今回は池袋のHUMAXでみました。もっと大きいスクリーンで見ればよかったな~。This time I tried it at HUMAX in Ikebukuro. I wish I had seen it on a bigger screen.

この映画を見る段取りをした後、私は自分の子供が見て楽しめるか、ネットサーフィンをしました。すると、「子供向けだけど、大人も楽しめますよ!」的な記事がネットには沢山アップされてました。しかし、ところがどっこい。確かに子供も見られる映画なのですが、本当にドンピシャはまるのは大人じゃないの?しかも、人生とか仕事で少し悩んだ経験のある30代以降(めっちゃ若い子除く)がシミル映画なんじゃないの?!と思いました。

After setting up to watch this movie, I surfed the net to see and enjoy my kids. Then, a lot of articles like “It’s for kids, but adults can enjoy it!” Were posted online. However, it’s crazy. It’s true that it’s a movie that children can watch, but isn’t it really an adult who really loves Don Pisha? What’s more, isn’t it a Simil movie for people in their thirties and beyond (excluding very young children) who have had a little trouble with their lives and work? !! I thought.

引用:映画バズライトイヤー 公式サイト 「無限の彼方へ、さあ行くぞ!」

子供に見せるには、画面が全体的に黒やグレーなどのモノトーンで、派手さに書ける気がします;コメディ要素や後半の畳み掛けるようなアクションや勢いはこどもも楽しめますが、取り返しのつかない失敗をしてしまった人間の哀しみとか、、。人と人との友情とか。そういうのはまだ幼児さんや小学生低学年にはわかんなくないか?!と思いました。でも、ゴツゴツの宇宙アドベンチャー映画だと思うので、そういうの抜きにして単にIMAXでアトラクションとして楽しめばいいんだよ!という見方でもいいかもしれません。普段からディズニー大好き一家、洋画見まくり一家なら、小さい子でも大丈夫かな~♡

引用:ディズニーオンラインストア公式 かわいいバズグッズがたくさんあります!

To show it to kids, the overall screen is monotone, such as black or gray, and I feel like I can write flashy; comedy elements and the fold-up action and momentum of the second half can be enjoyed by children, but irreparable. The sadness of human beings who have made mistakes ,. Friendship between people. Do you still not understand such things for infants and lower grades of elementary school? !! I thought. But I think it’s a rugged space adventure movie, so you can just enjoy it as an attraction on IMAX without such a thing! It may be a good idea. If you’re a Disney-loving family or a family who looks at Western movies, maybe even a small child is okay ~ ♡

イジーのセリフ「助けてほしいんじゃないの!仲間になってほしいのよ」に感動

I’m impressed by Izzy’s line “I don’t want you to help me! I want you to be friends”

バズはアリーシャの孫:イジーと出会い、少しずつ成長していきます。Buzz meets Alisha’s grandson: Izzy and grows little by little.

映画バズ・ライトイヤーは終始ずっとコメディって感じの映画ではなく、アクション×アドベンチャー映画風ヒューマン・ドラマの中にコメディが入ってる、って感じがしました。で、宇宙の描写やメカ感もものすごく。絵面が非常に見応えあります。スターウォーズが好きな人は、画面を見ているだけでワクワクするのではないでしょうか。

The movie Buzz Lightyear wasn’t a comedy movie from beginning to end, but I felt that comedy was included in an action x adventure movie-style human drama. And the depiction of the universe and the mechanical feeling are also amazing. The picture is very spectacular. If you like Star Wars, you might be excited just by looking at the screen.

また、何でも一人で背負い込んで完結しようとするバズに向かって、イジーという女性が「仲間になって」というシーンは、母ちゃん(私)の目からだ~っと涙がこぼれました。3回くらい、うう、、と思うシーンがありました。これも、人生経験がなせる技だわ、きっと、、。(ちなみに、うちの8歳もところどころは面白かったようです。特に猫のソックスが)

In addition, the scene in which a woman named Izzy “becomes a companion” toward Buzz, who is trying to carry everything on her back and complete it, made me cry from my mother’s eyes. There was a scene that I thought about 3 times. This is also a skill that you can experience in life, I’m sure.

また、最後のドタバタは個人的にジブリのラピュタの飛行機のシーンみたいでめっちゃくちゃハラハラドキドキしました。このような映画を「どっちつかず」「いろいろ盛り込みすぎ」と断罪する方もいらっしゃいますが;私には濃い映画だったなという満足感があり、もう一回みたいな~!と思わせる映画でした。ありがとう!バズ!

Also, the last slapstick was personally like the scene of Laputa’s airplane in Studio Ghibli, and I was really thrilled. Some people condemn such a movie as “neither way” nor “too many things”; I’m satisfied that it was a strong movie, and it seems like it’s one more time! It was a movie that made me think. thank you! Buzz!

映画バズ・ライトイヤーを好きではない人はどんな人?

Who would complain about the movie Buzz Lightyear?

見えませんが、バズのキーホルダーを買ってピカチューのバッグにつけて帰る、イタイおばちゃんですっ!You can’t see it, but I’m an auntie who buys a buzz key chain and attaches it to a Pikachu bag!

映画バズ・ライトイヤーは、ご存知のとおり、レズビアン描写があるということで一部の国では物議を醸し出しているそうです。で、問題のシーンを見ましたが(別に、、?これで文句言う、、?)と思い、私には拍子抜けって感じでした。

As you know, the movie Buzz Lightyear is controversial in some countries because of its lesbian portrayals. So, I saw the scene in question (separately,? I complain about this …?), And I felt like I was out of tune.

あとは、ネットの口コミでよく見るのは「退屈」とか。「監督が違う人がよかった」とかの感想もありましたね。退屈、に関しては私はわかんないな~。これで退屈だったら、どんだけ描写読まないのよ?!と思っちゃうので。目標を達成するのは素晴らしいけど、失敗からも学べるんだぜ、とか、いろいろな意味で受け取れる青春映画だと思うので。なんだか勇気がもりもり湧いてくる、アメリカの良い部分が光っている映画だと思いましたね。しかし、脚本的には(あれ、なんで?)と思った箇所も少しだけありましたが、枝葉の部分なんで全然気になりませんでしたね~!

NASAとJAXAもこの映画に協力しています! 引用:NASA 公式サイト

Also, I often see the impressions of “boring” and “I like people with different directors” on the internet. I don’t know about boredom. If this is boring, how much do you not read? !! Because I think. It’s great to reach the goal, but I think it’s a movie that can be received in many ways, such as learning from mistakes, so I think it’s a movie that gives off some courage and shines in the good parts of America. You did. However, although there were a few places where I thought (that, why?) In the script, I didn’t care at all because of the branches and leaves!

ではでは、気になる方はぜひ映画見に行ってみてくださいね!スターウォーズ、宇宙系映画が好きなら楽しめると思います~!

にほんブログ村 旅行ブログ 東京お出かけスポットへ
にほんブログ村
« »